蘇梁館


北前船主の屋敷 久保彦兵衛邸

 蘇梁館は、加賀橋立浦の代表的な北前船主「久保家」六代目が橋立(現加賀市)に1841年(天保十一年)に建てた屋敷で、加賀市の現在地に移築復元されました。
 久保家は北前船で巨額の財を築き、江戸末期に大聖寺藩の財政立て直しに多額の寄付をし、明治には銀行の設立や地元小学校への援助など地元に多大な貢献をしました。

   

入館のご案内

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日 :12月29日~1月3日
入館料 :見学・観光は無料ですので気軽にお越しください。
  入館の際は常駐していますスタッフに声をおかけください。

建物・お部屋の貸し出し

・館内の部屋は皆様の行事にご利用できます。
 各部屋の使用料は下記の「部屋の使用料」をご覧ください。
 お問い合わせは蘇梁館「電話/FAX:0761-72-5350」よりお願いたします

・平面図と使用料、写真です。

   敷地の平面図            部屋の平面図

部屋の使用料
    2019年10月より料金が改訂されました(旧料金⇒新料金)。

※.空調(冷暖房)機器をご利用頂く場合は施設利用料に「空調利用料」が20%加算
されます。
※.茶会、展示会、生け花教室、発表会、セミナー、語学教室を含む各種座などに利用されています。

蘇梁館写真